【メンズエステ】方言は直した方がいい?地方から出稼ぎに上京したセラピスト!【九州】メンズエステ求人

登録件数47

リクルート

【メンズエステ】方言は直した方がいい?地方から出稼ぎに上京したセラピスト!

「今日はしばれるなぁ」

なんて方言が出てしまうと、都会の人は「えっ、縛るってSMプレイでもするの…?」そう思ってしまうかもしれません。

「しばれる」は東北の方言で「寒い」という意味ですが、方言って都会の人には伝わらないですよね。

メンズエステは稼げるお仕事なので、地方から都会に上京しようとしているセラピストの方もいると思います。

そこで気になるのが「方言」。

メンズエステは接客業なので、「もし接客中に方言が出たらどうしよう…?」そう不安に思っている女性セラピストの方も多いかと思います。

そこで今回は、都会のメンズエステで働くときに方言は直した方がいいのか?

紹介していきますね。

  1. 目次
  2. ・都会のメンズエステで働くなら方言は直した方がいい?
  3. ・関西弁や名古屋弁も方言
  4. ・方言を話す女の子は都会でも需要がある
  5. ・都会の男性客も方言の使い手が多い!
  6. ・トーク力も大事だが、メンズエステでは相手を楽しませることが一番大事
  7. ・まとめ

都会のメンズエステで働くなら方言は直した方がいい?




「方言を直さないと…」そういう方も多いと思いますが、無理に直す必要はありません。

メンズエステは接客業になりますが、ガールズバーやキャバクラのように会話ではなくマッサージがメインのお仕事。

お客様に対して、ですますを使った丁寧語が話せれば問題ありません◎

逆に、「方言を出さないようにしよう!」と思えば思うほど、中途半端で逆に変な感じになってしまいます。

東京で過ごしているうちに、自然と標準語が話せるようになるので、焦って方言を直そうとしないで大丈夫です♪

関西弁や名古屋弁も方言




東京は標準ですが、都市部と言われる大阪や名古屋で使われている関西弁や名古屋弁も方言です。

「あかん」「~みゃあ」というような方言が頻繁に飛び交っています。

相手も方言を使っていると思えば、多少気は楽になるのではないでしょうか?

また、相手が使っているからといって、わざわざ相手の方言に合わせる必要はありません。

特に関西弁をマネしようものなら、「何エセ関西弁使っとるんじゃ?」とおじ様のご機嫌を損ねてしまう可能性があります。

メンズエステは相手もリラックスしている状態なので、方言などを気にする状態でもないはずです。

もし、方言をバカにしてくるお客様がいればNG客にしてしまいましょう!

方言を話す女の子は都会でも需要がある


方言を話している女の子は「方言が出たら恥ずかしい…」と思うかもしれませんが、男性の場合「今の方言かわいいかも…」と思う方が大勢います。



特に都会のメンズエステ店に来るお客様は都市部で働いていることが多く、日常的に地方の方言を聞く機会はありません。

そのため、女の子が方言を話すだけで、非日常的な空間を味わって癒される男性客も多いのだとか。

実際にメンズエステで方言を話す女の子は需要が高く、指名の数も多い方がいます。

方言を話すだけで人気になれるかは分かりませんが、都会に働く他のセラピストと差別化できるので、男性客の印象に残りやすいのかもしれません。



逆に方言を話せることは強みなので、お客様との接客の時は積極的に方言を使ってみるといいかもしれませんよ♪

都会の男性客も方言の使い手が多い!




地方から都会に出稼ぎに行くセラピストは多いですが、男性も同じです。

地方よりも都会の方が仕事が多く、給料も多いので出稼ぎに行く人が多くなっています。

純粋に東京生まれで東京育ちの人は約半分ぐらいしかおらず、残りの半分は地方出身の人だと言われています。

意外と都会にも地方出身の人が多いので、メンズエステのお客様にも地方出身の人を相手にすることは頻繁にあると思います。

さすがに出身地が同じ人と出会う確率は少ないと思いますが、同じ地方出身同士で、地方あるあるや方言で苦労したことなどお客様と共有できるかもしれません。

地方出身アピールをすることで、逆に指名をたくさんもらえることにつながるかもしれないので、試してみてはいかがでしょうか?

トーク力も大事だが、メンズエステでは相手を楽しませることが一番大事




方言についてここまで紹介してきましたが、メンズエステのセラピストのお仕事はお客様へのマッサージ。

やっぱり方言が心配…、それどころか会話自体苦手…という方は、マッサージの施術などで男性客に喜んでもらうのはいかがでしょうか?

メンズエステのセラピストはたくさんいますが、1人1人得意なこと、苦手なことはあるかと思います。

男性のお客様に喜んでもらえるように、反応に応じてマッサージの力加減を変えたり、オリジナルのマッサージ方法を考えたり色々あるかと思います。

どうしても方言が気になってしまう…のであれば、無理せずマッサージの技術を上げることに集中してみてはいかがでしょうか?

まとめ


地方出身のセラピストの方言について紹介してきましたが、気にしすぎないことがおすすめ。

メンズエステでは女性のセラピスト同士で顔を合わせることがほとんどありませんので、方言が出たからといって同じ女性からバカにされることはありません。

男性のお客様は方言でむしろ喜んでくれることがほとんどなので、気にせずどんどんお仕事をこなしていくといいのではないでしょうか?
リフジョブ運営事務局ライター「かぐや」

リフジョブ運営事務局ライター「かぐや」

初めまして♪元セラピストで、現在はメンエス講師&ライターをしているかぐや(28歳)です。
一人でも多くの女の子にメンズエステの魅力を伝えるため、豆知識やお店情報を発信しています♪
ぜひ、参考にしてみてくださいね!