エステ

メンズエステの盗撮対策!使われやすいカメラは?

「メンズエステで自分の施術している姿がネットで流出した…」

なんてケースが稀にあります。

メンズエステの施術中に盗撮されたことが考えられますが、

「もし自分が盗撮されたら…」なんて考えたら、メンズエステで働くことが怖くなってしまいますよね。



そこで今回は、


・メンズエステの盗撮で使われるアイテムや設置場所

・メンズエステで盗撮する人の特徴や挙動

・メンズエステで盗撮の対策方法


を紹介していきます。

少し意識を向けるだけで盗撮を対策できるので、自分の身を守るためにも、ぜひ最後まで読んでみてください!

  1. 目次

  2. ・メンズエステの盗撮に使われるアイテム

  3. ・メンズエステの盗撮に使われるアイテムが設置されやすい場所

  4. ・メンズエステで盗撮する人の特徴

  5. ・メンズエステで盗撮の対策方法

  6. ・盗撮されているかも…?と思ったら、まずはお店に連絡

  7. ・まとめ:盗撮をしっかりと予防・対策して自分の身を守ろう!


メンズエステの盗撮に使われるアイテム




盗撮で最も使われやすいのが、”スマホ”です。

とはいっても、不自然な場所にスマホが立てかけられていたり、お客さんがスマホの位置を気にしたりしていたら、さすがに気付きますよね。

ただ、やっかいなのが、ボールペンやメガネ、ライターなどに小型カメラが仕掛けられているパターンです…。



メンズエステでよく使われる小型カメラ付きアイテムの一覧として、以下のものがあります。

ボールペン
消しゴム
ライター
USB型
ハンガー
メガネ偽装
時計型
モバイルバッテリー
キーレス
テレビのリモコン

…など

様々な日用品に小型カメラが仕掛けられています。

カメラも超小型なので、正直なところ、パッと見ただけでは分かりません。

ただ、以下で紹介するように、設置されている場所や、お客さんの挙動などで気付くことがあります。

メンズエステの盗撮に使われるアイテムが設置されやすい場所




盗撮したいのは、セラピストが施術している姿なので、カメラを設置する場所は自ずと限られてきます。

さすがに、施術代の前にスマホを立てかけて盗撮するぐらい分かりやすい人はいないと思いますが、明るさなど照明の問題もあるので、意外とカメラの位置は分かりやすいかと。

よくカメラが設置されている場所としては、

施術台付近に立てかけられたスマホ
テレビ周りの置物やリモコン
ちょうどいい高さの机の上にある鍵や携帯
ソファーやイスの上に不自然に置かれたバッグ

…など

出張型のメンズエステで、お客様の自宅やビジネスホテルではもっと細かいところに仕掛けられている可能性もあります。

ただ、不自然な場所に物が置いてあったり、物を移動させようとするとお客さんが文句を言ってきたりと、意外と分かりやすいです。

おかしいな…と思ったら、さっとタオルをかけたり、物を移動させたりするのがおすすめです。

メンズエステで盗撮する人の特徴




盗撮する人のほとんどが興味本位や、自分の好奇心を満たしたい人が多くなっています。

また、盗撮する人の特徴としては、”挙動がおかしい”ということ。

例えば、


・部屋の明るさをやけに気にする

・キョロキョロしていて目を合わせようとしない

・やけにバッグや鍵など持ち物の場所を気にする


など、施術やセラピスト以外のことを気にしている男性です。

ただ、怪しいからと”盗撮しているだろ!”と決めつけて問いただすのはまだ早いです。

男性のお客さんの中には、


・ただ、緊張しているだけ

・財布を取られるか心配


というだけの方もいらっしゃるからです。

明らかに盗撮している!という場合を除いては、いったん落ち着ちきましょう。

メンズエステで盗撮の対策方法




先ほども紹介しましたが、メンズエステで盗撮される可能性が高いのは、お客様の持ち物に仕込まれた小型カメラ。

さすがに、堂々とスマホのカメラをこちらに向けてくる…なんて方はいません(笑)。

小型カメラの盗撮対策としては、


・お客さんの持ち物を一か所にまとめる

・お客さんの持ち物にタオルなどをかける

・施術代に向いている物は、施術の邪魔になるから…など理由をつけてどける。

・明かりを少し暗くする


ということが挙げられます。

特に、お客さんの持ち物を移動させるときに、不自然なぐらいに拒否する人や、部屋の明るさを落とすことを極端に嫌がる人は気を付けてください。

また、お客さんが一人でいるときに、施術代にある持ち物の向きなどを気にしている方は、かなり怪しいです。

以下でも紹介しますが、怪しいかも…と思えば、お店の人に連絡することをおすすめします。

盗撮されているかも…?と思ったら、まずはお店に連絡




お客さんが盗撮していると気づいた場合は、すぐにお店の人に連絡しましょう。

「盗撮は止めてください!」と強く言うと、お客さんが逃げ出したり、暴れたりする可能性があるので、


・トイレや洗面所に行くフリをしてお店に連絡

・隙を見てスマホなどでお店に連絡


ということがおすすめです。

強気で行ける人なら、お客さんを説得し謝罪させる、カメラごと取り上げるなんてことができるかもしれません。

とにかく証拠となるカメラを押さえられれば、警察に通報、裁判で損害賠償の請求、示談でお金を請求…などができます。

自分1人で解決しようとせずに、お店のスタッフを借りてみてくださいね。

まとめ:盗撮をしっかりと予防・対策して自分の身を守ろう!




メンズエステや風俗では、ごく少数ですが盗撮するお客さんがいらっしゃいます。

そのため、盗撮する人の手口や特徴をしっかりと抑えた上で、予防・対策をしてください。

自分の身を守ることにつながりますし、自分が行動することで、他のセラピストを助けることもできます。

盗撮犯を見逃してしまうと、他のお店でも同じことを繰り返す可能性があるので、盗撮だと思ったらすぐにお店に連絡しましょう!


関連記事


メンズエステ、風営法は大丈夫なの?

メンズエステの裏オプションはダメ、絶対!

こんなお客さんは要注意!メンズエステの地雷客と対処法

どうやって対処する?メンズエステでの本番強要問題

違法店に騙されないで!大阪のメンズエステで【健全店】の求人のみを探す方法
リフジョブ運営事務局ライター「かぐや」

リフジョブ運営事務局ライター「かぐや」

初めまして♪元セラピストで、現在はメンエス講師&ライターをしているかぐや(28歳)です。
一人でも多くの女の子にメンズエステの魅力を伝えるため、豆知識やお店情報を発信しています♪
ぜひ、参考にしてみてくださいね!