面接必勝法interview

当サイトでは、お仕事を探している女性が、しっかり面接を突破できるよう、面接のポイントとコツをご紹介しております。セラピストとしてのスキルや経験に加えて、人柄や相手に与える印象なども、採用・不採用に深く関わってきます。面接の時間は限られています。身だしなみやマナー、質問に対する答えの準備など、面接官の心を引き付ける面接必勝法をご参考にしてください。

清潔感が大切!接客業の面接であることを忘れずに。

面接では、第一印象が重要です。希望するお店に合わせた身だしなみを心がけましょう。清潔感のあるメイクや服装が相手への印象の良い傾向があります。カジュアルすぎるものや奇抜なものは避けた方がベターです。

時間守る!持ち物チェックも忘れずに

面接の約束の時間は必ず守り、忘れ物がないかの確認も行いましょう。万が一、面接に遅刻する場合や、日程を変更する場合は、必ず早めにお店に連絡を入れてください。道に迷った場合は素直に先方に連絡し、場所の確認をしても大丈夫です。

言葉遣いは丁寧に。明るくはっきり話すこと

面接での言葉遣いは、その人が「接客ができる人」かどうかの判断にも重要なポイントとなってきます。
多少つたなくても、できる限り丁寧に話すことを心がけ、明るくはっきりと受け答えするだけでも印象は変わります。

面接でよくきかれる質問

  • 自己紹介は簡潔に。「挨拶」も忘れずに

    まず、面接への入り口として「自己紹介」があります。
    自然な流れで「名前」や「これまでの経験」などを簡潔に答えましょう。
    最後に「よろしくお願いします」等の言葉をつけると好印象につながります。

  • 志望動機はお店で働きたい意欲を見せる

    面接では、応募した理由を聞かれる場合がほとんどです。応募したお店で働きたいという意欲を伝えることが、面接のポイントとも言えます。「セラピストになりたい気持ち」や「スキルアップをしたい気持ち」などから、自分がどんな形で貢献できるかを上手にアピールしましょう。

  • これまでの経験を聞かれた場合は正直に

    セラピストやマッサージ師としての経験がある方は、「どの業種で」「どのくらいの期間」経験があるかを答えましょう。未経験の方は、正直に「未経験」であると言う方が良いです。
    前職等、あまり関係のない業種であっても、意外と興味を引くこともあります。

  • 希望条件は事前に準備しておくこと

    「どのくらいの収入がほしいか」「どのくらいの頻度でお仕事をしたいか」「どのくらいの期間仕事をしたいか(長期・短期等)」は必ず前もって準備しておきましょう。
    「いつから就業可能か」ということも準備しておくと聞かれたときに答えやすいです。

  • 逆質問にもしっかり対応!

    面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれることは非常に多いです。お仕事のお話の中で分からないことや興味・関心のあることについて、2つくらいは用意しておきましょう。
    質問がない場合も「聞きたいことは聞けたので大丈夫です」など、前向きな返事を心がけてください。

  • 最後に....!!

    面接が終わると面接官に丁寧に挨拶し、事務所を後にします。
    面接が終わって、ビルを出て最初の角を曲がるまでは気を抜かずに緊張感を持ち続けましょう。
    当サイトは、働く女性を応援いたします!