メンズエステの危険性と対応方法!【名古屋】メンズエステ求人

登録件数175

リクルート

メンズエステの危険性と対応方法!

「男性と二人きりの空間でお仕事…本当に危険性はないの?」

そう心配になる女性も多いかと思います。

とはいっても、名古屋は大阪、東京にならんでメンズエステが多い3大都市の1つ!

安心して働くことができるお店がたくさんあります。

ですが中にはルールを守ってくれないお客さんや、過剰なサービスを要求する方も…。

女の子に危険が迫った際、対応してくれるお店がほとんどですが、安全面への配慮が一切ないようなお店だったらイヤですよね……。

今回はメンズエステにまつわる危険性と対応方法についてお話していきます。

 
  1. 目次
  2. ・派遣型メンズエステとは?どういう危険性がある?
  3. ・危険を感じたときのお店側の対応はどんな感じ?
  4. ・メンズエステの接客時に起こりうる具体的な危険性と対応方法
  5. ・働くお店と、店舗選びの時の危険性と対応方法
  6. ・副業時、勤務先との関係で生じる危険性と対応方法
  7. ・一般的なエステティシャンに戻れないという危険性と対応方法
  8. ・メンズエステにまつわる危険性と対応方法まとめ

派遣型メンズエステとは?どういう危険性がある?




派遣型メンズエステは出張マッサージとも呼ばれるお店です。

メンズエステは通常、店舗かお店が借りているルームを使って施術を行います。

派遣型のお店は店舗やルームではなく、お客さんがいる自室か滞在中のビジネスホテルに出向き、そこでサービスを行う……いわばセラピストさんのデリバリーサービス。

スタッフはお客さんのお部屋の近くに車を止めて待機しているか、もしくはかなり離れた事務所にいる事になります。

そのため何かあってもすぐには対応できないという危険があります。

 

危険を感じたときのお店側の対応はどんな感じ?




たとえば性的サービスを強要されそうになったり、暴力を振るわれそうになっても、スタッフが来て対応してくれるまで時間がかかってしまいます。

お店の対応ですが、電話やメール、SMSで連絡を送ればすぐに駆け付けてくれるほか、暴力行為や違法行為は警察に通報するなど、相応の対応はしてくれます。

酷い場合はお客さんの名前を控えて出禁にすることも可能です。

 

メンズエステの接客時に起こりうる具体的な危険性と対応方法



性的サービスを強要される危険性


●危険性:性的サービスの強要

メンズエステの一番のリスクはこれです。

メンズエステはあくまでリラクゼーションを目的とする業種であり、性行為がサービスの中に含まれることはありません。

しかしお客さんの中には性的なサービスを求める人は存在します。

●対応方法:法律を盾にとって断るのが一番です。

どんなお客さんでも法的に対応されるのは嫌なものです。

「そういうお店ではありません」

「警察を呼ぶことになってしまいます」

「お勤め先にも連絡がいくことになります」

と伝えることが望ましいです。

ただし、常連客になってくれそうな人にはっきりと断るのは難しいもの。

なので、危ないなと思ったらトラブルが起こる前に伝えておくようにしましょう。

「ここはそういうお店じゃないじゃないですか~」

「この間、強要されたキャストがいて、警察が来ましたよ」

など、強要されないように事前に伝えてリスク回避出来ます。

こういった接客の技術を身に着けて常連客は確保し、自分の身は自分で守るようにしましょう。

 

セラピストの技術面でクレームが来る危険性と対応方法




●危険性:キャストの技術へのお客さんからの不満

メンズエステはリラクゼーションサービスであり、マッサージの質の高さを要求されることがあります。

メンズエステは治療目的ではないサービス内容なので、本格的なマッサージ技術は必要ないとも言えます。

ほぼ裸の男性客の体にオイルを塗って全身をマッサージするのが仕事です。

とは言え、体が凝っているお客さんは多いので、凝りがほぐれることを期待されることはあります。

●対応方法:肩・腰などピンポイントのマッサージ方法を身に着ける

専門的でなくてよいので、簡単なマッサージ方法は知っておくべきです。

ポイントを突きながら力の強弱で調整すれば、ある程度は満足してもらえます。

そういった経験から更にマッサージの技術を磨くことが出来れば、それを自分の売りとして指名を増やすことが可能です。

 

そもそもお客さんの層が悪い…という場合の危険性と対応方法




●危険性:客層が悪いということはないか

よいお客さんに来てもらえればそれだけトラブルのリスクは下がります。

自分から選ぶことは不可能ですが、対処方法はあります。

●対応方法①:(比較的)安全なエリアに勤務する

都内なら六本木・赤坂などのビジネス街のメンズエステを選ぶという手段があります。

(やや)富裕層を狙うことでトラブルの確率は減ることが考えられるからです。

勿論高級ビジネス街を勤務地に選んでもリスクをゼロにすることは出来ないのが現実です。

よいお客さんをリピーターにするように普段からの接客も大切です。

●対応方法②:会員制のお店を選ぶ

会員制のお店は客層がかなり良く、サービス外の要求をするような人はほとんどいません。

入店のハードルは多少ありますが、入店の際の参考にして下さい。

 

働くお店と、店舗選びの時の危険性と対応方法




働くメンズエステ店のリスク回避は、店を選ぶ前に行うのが望ましいです。

しかし、入店しないと分からないこともあります。

どちらのパターンでも活用できるメンズエステの危険回避術を記載します。

 

風俗に転身せざるを得ない危険性と対応方法




●危険性:風俗嬢への転身を誘われる

メンズエステ店で働いていて風俗嬢になるよう誘われることは珍しくありません。

メンズエステの中には風俗店の系列であることがあるからです。

(だからと言って、そのメンズエステ店が性的サービスを強要するわけではないです)

風俗とメンズエステは近しい間柄なので、転身するエステティシャンもいます。

●対応方法:メンズエステでしっかり稼ぐ

風俗嬢への転身理由はメンズエステよりも儲かることです。

メンズエステでいまいちの収入の女性が、スタッフに誘われて風俗嬢になることが多いです。

風俗で働く意志がない場合は、メンズエステのみでしっかりと稼ぐ。

そうすればいつの間にか風俗嬢に転身するしかなくなるという事態を防げます。

 

金銭的な危険性と対応方法




●危険性:収入が不安定

メンズエステは接客したお客さんの数(歩合)で収入が決まることがほとんどなので、固定客をつけないと収入が不安定になります。

新人時代はフリーのお客さんをお店が回してくれますが、一定期間後は自分で開拓しなければなりません。

1回1回の接客を丁寧にこなす必要があります。

●対応方法:持ち味を生かしつつ露出を増やす

マッサージの技術に自信あり、美脚や美肌が自慢、エステティシャンの資格あり、など、キャストとしての個性を確立することが常連を増やします。

また、一見のお客さんの目に留まるように、SNSなどは頻繁に更新して露出を増やしましょう。

やはり地道な努力を続けることが収入増につながります。

 

性的なサービスをさせられる危険性と対応方法




●危険性:お店に性行為を思わせるオプションがある

キャストに性的サービスをさせてリピーターにすることを考えるお店もあります。

確かにそうなればお店の収入は少し増え、「キャストが勝手にやっている」と言い逃れをすることも出来ます。

●対応方法:面接時に確認、入店後なら断る

面接段階で確認出来ればお店とのトラブルは回避出来ます。

面接で必ず聞く項目に入れておくとよいです。

入店後になると、自分の収入にも関わるので断りづらいことはあります。

しかし、キャストに強要するお店は、他にも適切ではない対応を取る可能性は高いです。

流されしまわないよう、はっきりと断りましょう。

またマッサージなどの研修制度が手厚い求人や、定期研修を行っているお店は、セクシーな要素よりもマッサージがメインなお店が多いです。

 

副業時、勤務先との関係で生じる危険性と対応方法




●危険性:身バレのリスク

身バレには「知っている男性に接客したくない」というパターンと、「昼の勤務先に知られたくない」というパターンがあります。

特に仕事場で知られることは普段の生活を変えざるを得ない状況に陥ることがあり、ぜひ避けたいリスクです。

●対応方法:地道な対応と発信のバランスを取る

メンズエステで身バレさせない方法として、

「写真で顔出しをしない」

「プロフィール情報を偽る」

「SNS発信を控える」

「生活水準を上げない」などがあります。

ただ、副収入として設けるためにメンズエステで働いているのであり、SNS等プロモーションを増やすと収入増加につながるので難しいところです。

身バレ対策と収入増の優先順位やバランスを考えて働く必要があります。

 

一般的なエステティシャンに戻れないという危険性と対応方法




●危険性:昼の仕事に容易に戻れない

メンズエステは風俗と違って夜の仕事と分類されるわけではありません。

しかし、実態があまり知られていないメンズエステを世間的には夜の仕事とする考えもあります。

例えば風俗一本で仕事をし続けると、その後明らかに昼の仕事には就きづらくなります。

●対応方法:副業としてメンズエステで働く

将来を考えるとメンズエステでは副業として働くのが合理的と言えます。

完全な夜の仕事ではないとは言え、世間は偏見を持って判断してくることがあります。

「これだけ稼いだら卒業する」と将来の設計を立ててから働き始めることが望ましいです。

※エステティシャンとして働けるか

メンズエステのキャストが転職し、女性相手のエステティシャンとして働くのはそれほど現実的ではありません。

理由として、女性が求める技術を必ずしも獲得出来ないこと、収入が下がることが挙げられます。

メンズエステは男性のリラクゼーションサービスを行っており、それは女性がエステに求めるノウハウや技術とは必ずしも一致しません。

資格なしの素人でも勤務可能なのがメンズエステのメリットですが、その経歴を女性向けエステ店が優遇する保証はないのが現状です。

また、メンズエステから女性向けエステに転職すると収入が下がります。

・メンズエステ:月収50万円程度

・女性向けエステ:月収25万円程度

いずれもフル勤務した場合の想定ですが、収入はおよそ半減します。

生活が苦しい、もしくはよりよい収入が欲しいと思ってメンズエステで働き始めるわけですから、女性向けメンズエステへの転職は向いてないと感じる人が多いと考えられます。

 

メンズエステにまつわる危険性と対応方法まとめ


メンズエステで働く際は、性的サービスの強要・身バレ・(風俗ではないとはいえ)世間からの偏見、などのリスクがあります。

メンズエステ卒業のタイミング、昼職を含めたキャリア全体の予定を立てた上で働き始めるとリスクも回避しやすくなります。

関連記事

マンション型のメンズエステ、密室での危険性や店舗側の対策は?

違法店に騙されないで!大阪のメンズエステで【健全店】の求人のみを探す方法

【入門編】鼠径部マッサージのやり方は?【名古屋のメンエス】

メンズエステ、風営法は大丈夫なの?

メンズエステでの施術はどこまで?女性の立場で徹底解説!

==========================
名古屋で高収入アルバイトを探すなら
メンズエステ求人サイト【リフジョブ】で決まり!

未経験の女の子も『今すぐ』かんたんにスタート!
『好きな時に好きなだけ』お小遣いを稼ぎましょう♪
==========================

リフジョブ運営事務局ライター「かぐや」

リフジョブ運営事務局ライター「かぐや」

初めまして♪元セラピストで、現在はメンエス講師&ライターをしているかぐや(28歳)です。
一人でも多くの女の子にメンズエステの魅力を伝えるため、豆知識やお店情報を発信しています♪
ぜひ、参考にしてみてくださいね!